ふみ丸のTwitterはこちらから

エレキギターの弦選び!初心者におすすめの有名弦メーカーと弦の知識をわかりやすくご紹介

guitar-gen

こんにちは、ロックバンド大好き大学生ふみ丸(@fm_maru23です!

 

今回はエレキギターの弦選びについての記事を書きます!

 

突然ですが、エレキギターを弾いてたら弦が切れてしまった。

だけど弦の種類ってたくさんあってどれにしたらいいかわからない…!

 

という方いないでしょうか?

特にギターを始めたばかりの方は調べてもよくわからないと思います。僕もそうでした(笑)

 

本記事ではそんなエレキギター初心者の方にもわかるよう、多くの人が使用している有名な弦メーカーをご紹介!それぞれの特徴を踏まえながら完結に書かせていただきます!

ふみ丸

この記事はエレキギターの弦についての記事です。ご了承ください!
こんな人におすすめ
  • エレキギターの弦選びに困っている方!
  • 有名な弦メーカーを知りたい方!
  • 自分に合った弦を見つけたい方!

エレキギター弦選び①太さ(ゲージ)について

エレキギターの弦交換をするにあたって初めに考えなければいけないのは

「弦をどの太さ(ゲージ)にするのか?」

 

ちなみに、ギター弦の太さのことをゲージと呼びます。知っておくことをおすすめします!

ふみ丸

ゲージと言ったほうがかっこよく思われます(笑)

 

購入した弦のパックには表裏どちらかに「9・11・16・24・32・42」「10・13・17・26・36・46」といった6個の数字の記載があります。この6個の数字は1弦~6弦までのゲージを表しています!

 

さまざまな名称がありますが一般的には以下のように言われています。

  • 「9・11・16・24・32・42」はライトゲージ
  • 「10・13・17・26・36・46」はレギュラーゲージ

 

この2種類以外にも「8~38」の細いゲージや「11~49」の太いゲージもあります。しかし基本的には音の低いチューニングをしない限り、先ほどの2種類が一般的になりますので今回はこの2つの特徴を説明します。

ライトゲージ(9~42)の特徴

gen-2

特徴
  • テンション(張力)が低く押さえやすいのが特徴
  • 細めのため初心者や、指の力に自信がない方におすすめ
  • 弦が暴れてビビりやすく、使用する際には注意が必要
  • ハリの柔らかい繊細なサウンドになる

 

ふみ丸

ストラト、テレキャス等のギターに合うと言われています!

レギュラーゲージ(10~46)の特徴

gen-1

特徴
  • 迷ったときにとりあえずの一本
  • テンションがあがり抑える時に弦が固くなる
  • ライトに比べ太い分、ストロークに抵抗が生まれやすい
  • 弦が太いほど低音が出やすいため、重厚感のあるサウンドになる

 

ふみ丸

レスポール、SG等のギターに合うと言われています!

エレキギター弦選び②弦の素材について

次に弦の素材について。

弦の素材は以下の3種類があります。

  • ニッケル
  • スチール
  • コーティング

ニッケル弦の特徴

特徴
  • 柔らかい金属でさびにくい特性があるため、高品質な弦に使用されている
  • エレキギターに最も合う素材と言われている
  • 比較的安価

スチール弦の特徴

特徴
  • さびにくい特性を持つ
  • 強度があり、比較的弦が切れにくい
  • シャープでパリッとしたサウンドを生み出す

コーティング弦の特徴

特徴
  • ニッケル弦を薄い皮膜で覆い、コーティングした弦
  • 価格がやや高いが、耐久性が格段にアップ
  • 耐久性と弾き心地の両方を求める方におすすめ

エレキギター弦選び③有名な弦メーカー紹介!

では最後に、弦を選ぶに有名で多くの方が使用しているメーカーをご紹介!

 

1. ERNIE BALL(アーニーボール)

gen-4

エレキギターを長年やっている方なら一度は手にしたことのある「世界標準」のギター弦。

プロをはじめ数多くのギタリストが使用している定番中の定番。

 

アーニーボールの特徴は以下の通り

  • テンションが弱い
  • 細くてもしっかりと中音のでるサウンド
  • 中〜高域のでる煌びやかなサウンド
  • さびやすい

 

値段が1袋500円程度なだけあったどうしてもさびやすいというデメリットはありますが、とにかく安い!弦は消耗品であるので安いとやっぱり助かりますよね!(笑)

アーニーボール弦購入はこちら▼

サウンドハウスで見る

2. D’Addario(ダダリオ)

こちらもアーニーボールと並んで定番の弦。

ダダリオ派とアーニーボール派で軽い派閥があったりもします(笑)

 

ダダリオの特徴は以下の通り

  • テンションが高い
  • 落ち着いた重厚感のあるサウンド
  • ギブソン系ギター(レスポールなど)との、相性が良い
  • 弦そのものの耐久度が高く、他社製品よりもさびにくい

ダダリオ弦購入はこちらから▼

 

3. Elixir(エリクサー)

gen-6

エリクサーはコーティング弦を使用しています。

値段が高価なだけあってエリクサーの弦とても魅力的。

 

エリクサーの特徴は以下の通り

  • 他社従来品よりも3倍~5倍の寿命を誇る(さびにくい)
  • 完璧に調和のとれたサウンドを持つ
  • 指の滑りが良く、演奏性にも問題なし
  • 価格が高い

 

「アーニーボールやダダリオのような安い弦で何度も交換するか」

「エリクサーのような高い弦で長期間持たせるか」

どちらを選択するかはあなた次第です!

 

エリクサー弦購入はこちらから▼

 

まとめ いろんな弦を試して自分に合った弦を!

どうでしたか?今回はエレキギターの弦についてご紹介しました。

本記事では有名なメーカーだけをご紹介しましたが、この他にもたくさんの弦メーカーあるのでもし興味をもったら調べてみてください!

 

どの弦にもメリット・デメリットがあるので初心者のうちはいろんな弦を試して自分に合った弦を見つけてみるといいと思います!

 

満足のいく弦を見つけて楽しいギターライフを送りましょう~~!

読んでいただきありがとうございました。良かったらTwitterのフォローお願いします!

おすすめのイヤホン記事はこちら▼

earphone【バンド好き必見】邦ロックを聴くのにおすすめイヤホン5選!Bluetoothからコード型まで!