ふみ丸のTwitterはこちらから

バンド好き必見!フェス用語徹底解説(クローク・ダイブ・ツーステ・モッシュ等)

こんにちは。

バンド大好き大学生ふみ丸(@fm_maru23)です!

 

今回はフェスでよく使われる用語をご紹介。

タイテ?セトリ?クローク?

などなどわからない用語を聞くとなんか少し不安になりますよね?

 

今日は、そんな方のために、ライブやフェスで使われている用語をまとめてみました。

是非ライブ前に読んで参考にしていってください!

こんな人におすすめ
  • 初めてフェスに行く方!
  • フェスに行くけどなんか不安という方!
  • フェスでよく使われる用語を知りたい方!

よく使われるフェス用語

①タイテ

タイテとは、タイムテーブルのこと。

アーティストの出演時間が記載されたものをいいます!

timetable

こんな感じのやつです。

ライブ前にタイテを見てある程度回るコースを決めておくとスムーズに楽しめます。

②セトリ

セトリとはセットリストの略。

セットリストとはライブの曲順のことを意味します。

 

あのアーティストの一曲目の曲名何だったかな~?

といったときに

「○○(アーティスト名) セトリ」

と調べると出てくることがあります。

③オープニング・アクト

タイムテーブルを見ると一番目にO.Aと書いてあることがありませんか?

 

O.Aとはオープニング・アクトのことを指します。

 

意味はフェスやコンサートなどで前座の事を言います!

つまり簡単に言うとそのステージごとのトップバッターのことです。

④転換

転換とはライブとライブの合間のことを意味します。

 

人気のアーティストにもなると自分たちの機材(アンプやドラム)を持ち込むのでそれをセッティングする時間のことを転換時間と呼びます。

ふみ丸

この転換の時間にご飯やトイレを済ましておくと良いですよ!

⑤モッシュ

モッシュはライブ中にお客さん同士が体をぶつけ合うことを意味します。

 

ライブ初心者の方が何も知らずにモッシュの中に突っ込むとけがをする可能性があるので十分気を付けましょう。

詳しい説明や実際の映像を見たい方はこちらの記事から▼

fes-mosh【フェス初心者】サークルやモッシュ・ダイブって何なのか教えます!動画あり

⑥ヘドバン

一度は耳にしたことのある単語ではないでしょうか?

 

ヘドバンとは元々「ヘッドバンギング」の略でリズムに合わせて頭を振ることです。

また、ヘドバンといってもいろんな種類のヘドバンがあるので調べてみると面白いかもしれませんよ!

ふみ丸

アーティストが「頭振れ~!」とあおってくることもありますよ!

⑦ツーステ

ツーステとはツーステップの略。

 

言葉で説明するのは難しいのでぜひこちらの映像をご覧ください▼

⑧ダイブ

ダイブとはお客さんがお客さんの上を転がってステージ側まで行くこと。

 

激しい系のバンドでよくみられることが多いです。

 

かなり危険な行為でもあるので怪我には注意しましょう!

⑨クローク

フェスに行くとクロークと呼ばれる場所があると思います。

 

クロークとは簡単に言えば「荷物を預けるロッカーのこと」です。

遠くから遠征して荷物が多い方はこのクロークを活用しましょう。

 

基本的に500円~1000円に設定されていることが多いです!

【最後に】バンド好きにはたまらないのがフェス!

今回はフェスでよく使われる用語の説明をしました。

 

このほかにも使われる用語は山ほどあるのでわからないことがあったら積極的に調べていくとどんどん知識が増えていって楽しいですよ!

 

また、フェスに行く方は初めてだろうと何だろうと全力で楽しむことをおすすめします!

せっかく高いお金を払っていくのですから最高の思い出にしましょう~

 

読んでいただきありがとうございました。

良かったらTwitterのフォローよろしくお願いします!

関連記事▼

kyotodaisakusen【京都大作戦2019】牛若ノ舞台出演おすすめアーティスト特集!